講演会開催しました

2017年11月11日

WHOコラボレイティングセンター主催

 PCC セミナー

Learn more

 


 

2017年5月12日

楢戸先生講演会

Learn more

 


 2016年11月9日

第6回国際保健講演会

 

講師:下田佳奈先生

Learn more

2016年6月17日

第2回聖路加国際大学卒業生

国際貢献

講師:立山恭子先生

Learn more

2016年6月20日

Richard Garfield先生

講演会

Learn more

2015年12月21日

国際看護を語る会

Learn more

2015年12月7日

1年生国際看護学

講師:ジンタナ先生

 Learn more

2015年10月29日

 聖路加国際大学卒業生の国際貢献

南インドでの保健師活動とその後

 

講師:石井 光子さん

2015年 9月10日 

WHO公開セミナー

 

WHO西太平洋地区の看護ネットワークについて 

講師: 
シドニー工科大学看護学部長
 
 

2015年7月25日

在日外国人の健康支援相談会①「乳がんトーク」

  講師:長松康子

Learn more


2015年7月6日

 

アメリカのHIV感染者支援

 講師:神谷英美子さん

 Learn more

 


 

 

 

東ティモールでの学校保健

 講師:山本 聖子さん

Learn more

 


 

 

 

神谷英美子さん講演会

Learn more

 


 

フィールドワーカー養成

フィールドワーカー養成

国際看護の基本は、その国・地域で、住民、患者さん、現地のヘルスワーカーと一緒に働き、住民のニーズに基づいたケア(People-centered Care)をその地域の人々と緒に実践することです。

日本で培った看護の知識・スキル・経験など、看護の専門性は活動に不可欠ですが、それらをそのまま外国に適用できるとは限りません。

一口に国際看護活動といっても、それぞれの国や地域によって抱える健康問題やそれを生じる社会的背景、看護職に期待される役割などは異なります。

海外で看護活動を行う者は、宗教や政治を超えて人々を理解し共感する心の豊かさ、問題を科学的に分析する力、文化や言語の違う人々と円滑な関係を構築するためのコミュニケーション能力、活動マネージメント能力、研究・活動資金を獲得する能力、活動を評価する能力、活動を広く知らしめるネットワーク、活動内容を論文としてまとめて学術的に貢献する能力などが求められます。

聖路加国際大学では、フィールドワークの計画、実践、評価、を実際に行うことで、国際的に看護活動に携わる専門家としての能力や態度を身に着けます。

UA-64205131-1