講演会開催しました

2018年5月12日

結核講演会

Learn more

 


 

2018年5月11日

楢戸先生講演会

Learn more

 


 

2017年11月11日

WHOコラボレイティングセンター主催

 PCC セミナー

Learn more

 


 

2017年5月12日

楢戸先生講演会

Learn more

 


 2016年11月9日

第6回国際保健講演会

 

講師:下田佳奈先生

Learn more

2016年6月17日

第2回聖路加国際大学卒業生

国際貢献

講師:立山恭子先生

Learn more

2016年6月20日

Richard Garfield先生

講演会

Learn more

2015年12月21日

国際看護を語る会

Learn more

2015年12月7日

1年生国際看護学

講師:ジンタナ先生

 Learn more

2015年10月29日

 聖路加国際大学卒業生の国際貢献

南インドでの保健師活動とその後

 

講師:石井 光子さん

2015年 9月10日 

WHO公開セミナー

 

WHO西太平洋地区の看護ネットワークについて 

講師: 
シドニー工科大学看護学部長
 
 

2015年7月25日

在日外国人の健康支援相談会①「乳がんトーク」

  講師:長松康子

Learn more


2015年7月6日

 

アメリカのHIV感染者支援

 講師:神谷英美子さん

 Learn more

 


 

 

 

東ティモールでの学校保健

 講師:山本 聖子さん

Learn more

 


 

 

 

神谷英美子さん講演会

Learn more

 


 

ホーム

聖路加国際大学 看護学部 長松研究室 のウェブサイトへようこそ。このサイトは、国際看護に興味をお持ちの方、大学、大学院をお探しの方に、当研究室に関するさまざまな情報を提供します。

                            

ーNewsー

㊗研究助成採択

博士一年生の山路野百合さんの研究「 小児がんの子どもに対するインフォームドアセント用絵本の開発」 が、安田記念医学財団研究助成の、癌看護研究助成(大学院学生)に採択されました。山地さんは、小児がんの患者さんに対して絵本を使って情報を提供することで、患者さんが望ましい意思決定ができるような助けになることを望んでいます。山地さんは、小児がんの子ども向けの絵本をこれから作成します。楽しみです。

卒業研究

今年も3人の学生が卒業研究を行いました

マニラのスラム地区で住民を対象にインタビューを行ったYさんは、人々が貧困に陥ったきっかけと、次の世代に貧困をなくすためにはどうしたらよいと考えているかを調査しました。
貧しいながらも何とか暮らしていた人々は、夫や父親など主な稼ぎ手を失ったり、家族の交通事故など予期せぬ出費により貧困に陥り、スラムに移住していました。貧しい人たちに対する医療の質が悪いので若くして亡くなる方が多いこと、収入を支援する制度がないので子どもたちは就学を諦めて働かざるを得ず、それが次世代の貧困という悪循環を招いていることがあきらかになりました。スラムに暮らす人々は、道端での物売り、自転車リキシャ、ニンニクむきなどで必死に稼ぎますが、それすらできない人たちは、ゴミ拾いをしてしのいでいました。ご自身は小学校程度しか出ていないかたたちでしたが、子供が貧困から抜け出すためには、何よりも教育が重要だと考えていました。
今回の調査で、社会保障制度や医療の質の問題から、貧しい人々がスラムに移り住むに至る事情が明らかになりました。

→News1126 2018年度タンザニア研修報告会をしました。

→News1107  在日外国人女性のヘルスプロモーションプログラム終了しました。

→News1107  インドネシアの助産師むけ教育プログラムをしました。

                                        

*当HPの写真につきましては、ご本人に許可をいただき掲載しております。転載はご遠慮ください。

UA-64205131-1