講演会開催しました

2018年5月12日

結核講演会

Learn more

 


 

2018年5月11日

楢戸先生講演会

Learn more

 


 

2017年11月11日

WHOコラボレイティングセンター主催

 PCC セミナー

Learn more

 


 

2017年5月12日

楢戸先生講演会

Learn more

 


 2016年11月9日

第6回国際保健講演会

 

講師:下田佳奈先生

Learn more

2016年6月17日

第2回聖路加国際大学卒業生

国際貢献

講師:立山恭子先生

Learn more

2016年6月20日

Richard Garfield先生

講演会

Learn more

2015年12月21日

国際看護を語る会

Learn more

2015年12月7日

1年生国際看護学

講師:ジンタナ先生

 Learn more

2015年10月29日

 聖路加国際大学卒業生の国際貢献

南インドでの保健師活動とその後

 

講師:石井 光子さん

2015年 9月10日 

WHO公開セミナー

 

WHO西太平洋地区の看護ネットワークについて 

講師: 
シドニー工科大学看護学部長
 
 

2015年7月25日

在日外国人の健康支援相談会①「乳がんトーク」

  講師:長松康子

Learn more


2015年7月6日

 

アメリカのHIV感染者支援

 講師:神谷英美子さん

 Learn more

 


 

 

 

東ティモールでの学校保健

 講師:山本 聖子さん

Learn more

 


 

 

 

神谷英美子さん講演会

Learn more

 


 

ホーム

聖路加国際大学 看護学部 長松研究室 のウェブサイトへようこそ。このサイトは、国際看護に興味をお持ちの方、大学、大学院をお探しの方に、当研究室に関するさまざまな情報を提供します。

                            

ーNewsー

清瀬国際会議

 

本学の学部生・大学院生がご指導いただいている結核予防会から、ご案内いただきました。
世界の人口の3分の1が感染している結核は、途上国を中心に猛威を奮っています。
結核の専門家と気軽にお話しする良い機会です。JICA国際研修生も参加するそうです。ぜひご参加ください。

 


ミャンマーのマンダレー看護大学から訪問

ミャンマーのマンダレー看護大学から、学長、学部長、看護師長が訪問されました。
マンダレー大学は2年前にミャンマーで初めて看護学の博士課程を解説した名門大学です。
国際看護学のラボミーティングに参加しました。ミャンマーでは看護学教育が急速に発展する一方で、看護師の賃金の低さや、農村部と都市部のサービスの格差など、ミャンマーの経済問題を背景とする課題があるので、国連機関や海外の教育機関の支援を受けて取り組みたいとのことでした。

結核講演会

もう結核なんか日本にはないだろうと思っている方も多いと思いますが、まだまだ油断ならないということを学ぶ講演会を開催しました。

かつては、日本の死因ナンバー1だった結核は、抗生物質の開発によって患者数が激減しました。すっかり安心している今日この頃ですが、世界人口の三分の1が感染し、日本でも高齢者を中心に2000人が毎年なくなっています。結核が流行しているのは開発途上国ですが、旅行、出張、移住と、人々が頻繁に移動する現代では、外国の病気と安心してはいられません。
 
古川恵一先生(元聖路加国際病院感染症内科医長、現:旭中央病院)は、結核の仕組みをわかりやすく説明した上で、臨床で体験された結核患者さんの治療の現状について教えてくださいました。結核に危機感が少ない我が国では、多くの患者さんが結核と診断されるのが遅れて、重症化してしまった症例のお話を聞くと、現実に結核が日本の身近なところにあるということを感じました。
 
結核予防会名誉所長の石川信克先生は、結核対策に人生を捧げらたご経験を熱く語ってくださいました。裸足で沼地を歩いて治療に向かう若き日の石川先生、極限まで痩せて力なく横たわる患者さんに寄り添う、貧しい身なりながら活き活きとした目をしたヘルスボランティアの女性、ステキな笑顔のホームレスの男性と保健師さんなどのお写真には、それぞれ暖かいストーリーがあって、貧しい結果患者さんのために尽力された先生のお人柄がにじみ出るのです。詳しくお知りたい方は、ビデオをお貸ししますので、ご連絡下さい。

楢戸先生講演会

ネパールで医療活動を行う医師、楢戸健次郎先生の講演会を行いました。年々、参加者が増えたので、大きな教室で行いました。難しい講義はなし、「なんでも質問して」という形式で、先生が参加者の素朴な疑問にお答えになるんですが、質問内容は、医療協力やネパールにとどまらず、質問は宗教、恋愛、先生の私生活まで、なんでも来いという懐の深さです。どの質問にも、丁寧にわかりやすくお答えになり、先生のキリスト教愛と優しいお人柄、人々の健康のためにご自身を捧げられるという使命感がじわじわと伝わってきました。先生をネパールに訪ねた学生たちも民族衣装のクルタで参加しました。講義の後は、近くのネパールレストランでカレーを食べました。予定を大幅に超えましたが、レストランのスタッフの皆様や他のお客様のご理解の元、楽しい会になりました。ありがとうございました。楢戸先生にお話して欲しい方、楢戸先生をネパールに訪ねたい方は、ご連絡下さい。ご紹介します。

→News1107  在日外国人女性のヘルスプロモーションプログラム終了しました。

→News1107  インドネシアの助産師むけ教育プログラムをしました。

                                        

*当HPの写真につきましては、ご本人に許可をいただき掲載しております。転載はご遠慮ください。

UA-64205131-1